NEW ENTRIES
商品紹介
CATEGORIES
ARCHIVES
PR
 
旦那が浮気していると感じたらどうするべきか考えてみたいと思います。
<< 離婚成立までの流れについて! | main | 浮気は調べない方がいい? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    やっぱり離婚しないという選択肢もある?
    0
      皆さんが置かれている状況がどんなものなのかは人それぞれでしょう。

      自分では我慢の限界だと思っていても、他人から見れば「そんな事で」という名前のこともあるでしょうし、逆に「早く離婚した方がいい」と周りの人たちから言われても離婚しない女性もいます。

      離婚には精神的なストレスやいろんな手続きなどが必要になりますから、心身ともに疲れ果ててしまう人も少なくないのではないかと思います。

      また、子どもがいた場合などは、暴力や金銭的な問題など、子どもにも大きな影響を与えてしまうような事情がなければ出来るだけ両親揃っていた方がいいというのは、おそらく誰もが共通認識(その時によって変化することも少なくありません)として持っていることと思います。

      離婚原因は人それぞれで色々あるかもしれませんねが、一番多いのは「性格の不一致」だと言われています。

      性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) の不一致といってもその内容は千差万別でしょうし、離婚に至る細かな?多くの事象を一言にまとめるために「性格の不一致」という言葉が都合良く使われているだけかもしれません。

      離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)は意地だけで突っ走るものではありませんし、もし迷っているのなら、「離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)はいつでもできる」と考えてみるのはどうでしょう?

      一旦離婚してしまったら再び元の生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)に戻すのは困難ですが、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)はその気になればいつでも可能なものです。

      特に子供のいる場合には、小さなお子さんは両親が別々になるといったことだけでも大変寂しい思いをしますし、思春期のお子さんの場合はもっと複雑に物事を考えます。

      離婚はいよいよどうしようもない時の最後の手段として、慎重に考える必要があるでしょう。











      | 旦那の浮気 | 15:11 | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:11 | - | - | - |