NEW ENTRIES
商品紹介
CATEGORIES
ARCHIVES
PR
 
旦那が浮気していると感じたらどうするべきか考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    浮気は調べない方がいい?
    0
      最近夫の帰りが遅くなったなぁ・・・。

      やたらと携帯でメールを行っている時間が長くなったなぁ・・・。

      夫の行動が何だか怪しい、浮気をしているのではないか?

      と疑ったことはありませんか?

      やっぱり、夫婦ですから、長い時間一緒に過ごしていると、相手の様子が少しおかしかったりすれば、すぐにわかるものですよね。

      浮気を疑った時、あなたは夫の浮気を調べたいと思いますか?

      もし、あなたが夫の不審な行動に我慢可能なのであれば、あえて調べない方がいいかもしれませんね。

      しらべてみて、実際に浮気をしていたとなると、精神的なダメージも大きいですし、今度は夫の浮気をどうするかという問題が生じます。

      当り前ですが、あなたが現在置かれている状況や家庭環境、周囲の状況によって、どういった行動をとるのかも変わってくると思います。

      浮気が発覚したからと言って、すぐに夫を責めてしまうと、逆ギレされてしまったりするケースもあるみたいです。

      また、あなたは離婚(一度成立した婚姻を解消することです)しようと思っていなかったのに、浮気を責め立てているうちに、夫が離婚を決意してしまう場合もあるようです。

      ですから、浮気が発覚したとしても、ここは堪えて、慎重に行動しましょう。

      夫と離婚したいと思っていないなら、夫が浮気相手に飽きて自分のところに戻ってくるまで待つのも、1つの選択です。

      離婚したいと思っているのなら、夫の浮気の証拠を確保し、可能な限り有利な条件で離婚できるように準備してください。

      離婚を望まない場合には、浮気を疑っても、我慢して調べない方が精神的な苦痛が軽くて済むかもしれません。










      | 旦那の浮気 | 15:11 | - | - | - |
      やっぱり離婚しないという選択肢もある?
      0
        皆さんが置かれている状況がどんなものなのかは人それぞれでしょう。

        自分では我慢の限界だと思っていても、他人から見れば「そんな事で」という名前のこともあるでしょうし、逆に「早く離婚した方がいい」と周りの人たちから言われても離婚しない女性もいます。

        離婚には精神的なストレスやいろんな手続きなどが必要になりますから、心身ともに疲れ果ててしまう人も少なくないのではないかと思います。

        また、子どもがいた場合などは、暴力や金銭的な問題など、子どもにも大きな影響を与えてしまうような事情がなければ出来るだけ両親揃っていた方がいいというのは、おそらく誰もが共通認識(その時によって変化することも少なくありません)として持っていることと思います。

        離婚原因は人それぞれで色々あるかもしれませんねが、一番多いのは「性格の不一致」だと言われています。

        性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) の不一致といってもその内容は千差万別でしょうし、離婚に至る細かな?多くの事象を一言にまとめるために「性格の不一致」という言葉が都合良く使われているだけかもしれません。

        離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)は意地だけで突っ走るものではありませんし、もし迷っているのなら、「離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)はいつでもできる」と考えてみるのはどうでしょう?

        一旦離婚してしまったら再び元の生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)に戻すのは困難ですが、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)はその気になればいつでも可能なものです。

        特に子供のいる場合には、小さなお子さんは両親が別々になるといったことだけでも大変寂しい思いをしますし、思春期のお子さんの場合はもっと複雑に物事を考えます。

        離婚はいよいよどうしようもない時の最後の手段として、慎重に考える必要があるでしょう。











        | 旦那の浮気 | 15:11 | - | - | - |
        離婚成立までの流れについて!
        0
          離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)を決めてから離婚が成立するまで、人によってさまざまです。

          お互いが条件にすぐに合意すれば、手短に離婚の手続きが進められます。

          でも、お互いの思いが違ったりすれ違ったりすると、離婚するのに時間がかかり、いろんな手順を踏まなければなりません。

          離婚の話を進めるには、まず協議離婚から行います。

          これは夫婦間で離婚への合意、子供の親権、財産の清算、慰謝料や養育費等の話し合って、これらの条件におたがいが合意して、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)届が受理されれば離婚(一度成立した婚姻を解消することです)の成立となります。

          日本で離婚する夫婦の殆どはこの協議離婚であると言われており、時間も費用も最小限に抑えることができます。

          夫婦の話し合いで合意ができず、離婚ができなかった場合は、次のステップとして調停離婚になります。

          家庭裁判所に間に入ってもらい、子供の親権、慰謝料や養育費などのお金の問題など、夫婦間のすべての問題を話し合います。

          ここでお互い合意出来れば、調停調書が家庭裁判所により作成され、この調停調書と離婚届が受理されれば離婚成立です。

          調停でもお互いの合意が出来なかった場合は、審判離婚に進みます。

          審判離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)とは、調停で話し合われた内容をもとに、家庭裁判所の権限により調停に代わる審判が下されるというものです。

          夫婦のどちらかが審判されてから二週間以内に異議申立てをしない限り、審判が確定します。

          そして、審判確定後、離婚届、戸籍謄本、審判書謄本、審判確定証明書を役場所に提出し、受理されれば離婚が成立します。

          審判に意義があり、合意が出来なかった場合、最後のステップとして裁判離婚になります。

          夫婦のどちらかが離婚訴訟を起こし、離婚するかしないか、司法の判決によって離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)を成立させます。

          裁判離婚では、裁判で離婚を認める判決が出れば、たとえ夫婦の合意が無くても法的な強制力によって離婚が成立しますのです。

          この裁判離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)まで至る夫婦は全体の1%であると言われ、大半の夫婦が裁判離婚の手前で離婚(一度成立した婚姻を解消することです)が成立するようです。











          | 旦那の浮気 | 15:11 | - | - | - |